歩き始めるより走り出せ

ゲーム会社から独立してインディーゲームを作ろうとする人のブログ。

遅くなりましたが、2016年あけましておめでとうございます。

C89ではとても沢山の方がスペースを訪れてくださり、とても充実した結果となりました。
ゲームとしては現状の完成度には全く満足していません。

『Flyers』は個人的な同人ゲーム作成の練習目的で始めたものでありますが、
やはりゲームとして面白くないものを出す気はありません。
自分の力不足ゆえに足りていない部分もありますし、
多くの意見から何が足りていないのかも分かってきたつもりです。 

2016年はまず『Flyers』をしっかり遊べる状態にし、
リリースする事を最大の目標と考えています。
様々な場所で公言していますがC90、夏コミでは完成版を出します。

そしてこれは最低限の目標です。
2016年はVR元年とも言われるくらいにVR HMDの製品版が沢山リリースされます。
今年はこちらにも力を入れていきます。

Oculus Rift製品版の予約が開始され、
価格の問題が指摘されていますがだからと言って萎縮する気はありません。
やるべき事はハイクオリティーVRコンテンツを作る事です。
もちろんこれはOculus Riftに限らずやっていきます。
まだまだVRは課題が多いですが、その可能性は無限にあるはずです。

活動の主軸はUE4である事は変わりありませんが、
  • 個人制作ゲームをリリースする
  • VRで新しい体験を生み出す 
の2つを今年の目標としたいと思います。

そういうわけでみなさん今年もどうぞよろしくお願いいたします。 

またもや遅くなってしまいましたが、冬のコミックマーケット89にサークル参加します。

ゲーム名 : Flyers C89 Trial Version 0.6
サークル名 : Indie-us
配置スペース : 日曜日 東ユ18b
頒布 : 体験版 100円予定
コミケでのWebカタログ詳細

1

2

ベースの部分はそのままで前回いただいた意見を元に様々な調整&作り直しをしています。
もちろん新ステージや敵も追加。敵の動きや配置も刷新しています。
とにかく気持ちよく楽しく遊べるように調整しています。



実際に動いている動画はこんな感じ。
まだ開発途中なので頒布当日は変わっている部分もあるかと思います。

3


実は今回思った以上に制作が進んでいないのは、
Mayaのモデリングとアニメーションを勉強していたというのが大きいところで、
独学で何もかも始めてのところからなんとかここまでという感じです。

3DCGは知識はあってもモデルやアニメーションを作れる技術はなかったので、
今回一通り勉強したおかげで次回はもっと色々なモデルやアニメーションを投入できると思います。 


今回も前回以上にゲーム部分は良くなってきていると思いますので、
よろしければぜひコミックマーケット89の会場でお会いしましょう! 

4
始めての自作モデルでもUE4だとすごくカッコよく見えてテンション上がりますね。
※ゲーム中にこのようなシーンはありません

ここ数年間毎年参加しているCEDECに今年も個人で参加してきました。
 
CEDEC 2015公式サイト

個人的に今年はゲームエンジンとVRを中心にして色々と見てきました。
参加した観点からそれぞれについて軽くまとめておこうと思います。

続きを読む

このページのトップヘ