歩き始めるより走り出せ

ゲーム会社から独立してインディーゲームを作ろうとする人のブログ。

2014年05月

インディーゲームを専門に配信やパブリッシングを行なってくれるPLAYISMさんの三周年記念パーティーにいってきました。概要はここで。
PLAYISM 3周年パーティー 

いや~、本当に濃かった。インディーゲームを作ってる人達が沢山あつまるし、知ってる人達が沢山いました。私もインディーゲームを作る一個人として、色々とその熱量をもらった感じです。
そんな感じでした。来年もあればぜひ参加したいですね。

そして、遂に配信されました、ケロブラスターですよ。現在はWindows版がPLAYISMから、iPhone版がAppStoreで配信されています。
ケロブラスター Windows版(PLAYISM)
ケロブラスター iPhone版(AppStore)

私もさっきクリアーしましたが本当にいいゲームです。
 Twitterからの引用ばかりですいません。実はPLAYISMパーティーの時にケロブラスター作者の天谷さんとも直接御会いして、少しだけお話が聞けました。
本当に丁寧なんですよね、やりすぎなくらいに。でもたくさん大事なことを思い出させてくれた気がします。天谷さんには本当に素晴しいゲームを作っていただいて感謝しています。次回作があるかはわかりませんが、これからも期待しています!

最後にもう割りとどうでもよくなっていますが、イラスト貼っておきます。
 藤宮香織
藤宮さん可愛い。

UBIソフトからチャイルドオブライトというゲームがつい先日発売されました。
チャイルド オブ ライト 公式サイト

なんというかオールドスタイルJRPGを強く意識したゲームです。雰囲気自体は全然JRPGとは違いますが、エンカウントバトル、ターン制、HPやMP、シンプルなスキルなど、とてもわかりやすい内容のゲームです。
 BGMもとても素晴しくて頭に残りやすいのも海外製のゲームにしては珍しいです。BGMは既にiTunes上でサウンドトラックも配信されているので気になる方はどうぞ。

色々と技術的にも興味深いゲームです。このゲームにはUBIが自社開発した、UBIアートフレームワークというゲームエンジン?が使用されています。アートフレームワークというだけあって、非常に印象に残るグラフィックです。色々と背景などを中心に見ているとわかることがあります。

 よくみているとかなり同じ素材を使いまわしているんですよねー。それでも違和感が全くない。動きとかもちゃんとみていると2Dではなくて3D的に動いているのがわかります。奥行がちゃんとあるんですよね。
チャイルドオブライトはオーロラなどのプレイヤーキャラの一部が3Dモデルになっている部分を除けば、ほぼ2Dの素材のみで出来ています。それでも奥行を感じさせる演出はさすがです。
雰囲気もすばらしいゲームではありますが、ゲーム部分もこれがよく出来ていて純粋にRPGを楽しむことが出来るので、ぜひ一度遊んでみてください。


最後にお約束になってしまったイラストを載せておきます。
 碧綺ルゥ
この娘、かなり気にいっています。自分で作ったキャラというだけあって。
名前も決めました。碧綺(あおき)ルゥです。 
実にギャルゲーっぽい。 

ついに、PS4からゲームのプレイ実況動画がニコニコ生放送にてシェアできるようになりました!!

予想以上に沢山の人がPS4からニコニコ実況をやっているようです。私もやってみました!!
 ユーザー生放送 PS4でマッタリとお絵描き配信

 って、ゲームじゃなくてお絵描き配信やん!
まぁこういう使い方もできるんですよーという実例として。
いや、楽しいんですよ、これが本当に。

うーん、色々とゲーム実況の新しい可能性を感じます。先日のニコニコ 超会議でもゲーム実況主たちはアイドルのように扱われていましたし、それだけ注目されているということです。

実況主と企業でWin-Winな関係になれれば実際それはビジネスにもなります。新しいゲームの宣伝方法として、ゲームを実況するプロが生まれ、新しい循環ができあがるはず。私はその可能性がとても楽しみです。

最後に今回実況中に描いた絵をあげておきます。
 52

このページのトップヘ