表題の通りのゲーム作りを前回紹介したGlobal Game Jamで行なってきました。

普通に考えると不可能ですよね、としか言いようがない無茶なイベントなんですがそんなことは全然ない。今回当然のように集まった人達とは全員初対面で、ほとんどの人達が専門学校生の一年生。ほとんどが素人であるという状況でした。更にゲームの絵を描くのは一人。それで48時間以内(休憩も含め)で作るというありえないようなきっつい状態です。

でも関係ないです。
必要なのは仕切る人としっかりと管理できる人とそれについてくる人達だけです。

技術力がなくてもアイディアだけで勝負はできますし、素人だろうがやれることはいくらでもあります。時間が少なくても使い方さえしっかりしていれば48時間は長すぎるくらいです。私自身もゲームジャム歴はほとんどありませんが、今回そう感じました。 

今回作ったGGJ大阪のゲームは以下にありますのでぜひ遊んでみてください。
どれも独創性あり、個性的で私も本当に驚いたものばかりです。

Osaka - Global Game Jam 2014