歩き始めるより走り出せ

ゲーム会社から独立してインディーゲームを作ろうとする人のブログ。

カテゴリ: 雑記

まずはコミックマーケット91お疲れ様でした。


 こんな感じでやってました。


新刊、既刊いいペースでなくなり、過去最速のペースで全てなくなりました。
来ていただいた方、本当にありがとうございました。

新作となる、Blue Gunnerはまだまだ完成度で言えば1%未満ですので、これからしっかりと仕上げていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

ここから以下は2016年総括です。 続きを読む

またギリギリのタイミングとなってしまいましたが、コミックマーケット91にでます!
日程は12月29日(木)でスペースは"西は22b"です!

今回はちょっと本当に余裕がなくて、ギリギリのギリギリまでゲームが全くできていないという状況で本当にどうしようかと迷いましたが、なんとか形にすることができそうなので改めて告知したいと思います。



ゲームタイトルは『Blue Gunner』。


前作の『Flyers』スピンオフ作品です。前作では主人公のライバルであった "ヴェル・スカイ"を操作キャラにし、TPSのアドベンチャーゲームになる予定です。

以下はスクリーンショット。
続きを読む

前回の更新から色々ありすぎて、結局全然更新できていませんが、私はそこそこ元気です。

というわけで直前となってしまいましたが、デジゲー博2016に出ます。 

デジゲー博 | 同人&インディーゲームオンリー展示・即売会

ブース位置は『D-03a』となっています。

サークル配置図 

今回は夏コミで頒布した『Flyers』のVer1.2にアップデートしたものをディスクに焼いてもっていきます。Ver1.2ではTwitterなどでいただいた意見を中心に、色々とアップデートされてかなり遊びやすくなっています。

キーボード派の方のためにカーソルキーでの移動や攻撃ボタンのアサインも追加してみました。ダメージヒット時の表現もわかりにくいと言われていたので、画面効果を入れてみたりしました。コンティニューの仕様もステージ最初からではなく、その場でリトライができるように。そして難易度も若干修正。少しだけマイルドになっています。これでマニアックモードもクリアできるかな…

ScreenShot00004
※今回使われたボスたち

今回の追加モードとして『ボスラッシュモード』が追加されます。一度でもゲームをクリアしているとボスたちのみと連戦で攻略していくことができます。もちろん難易度は個別に3つ選ぶことができ、それぞれモード別にハイスコアも記録されます。

デジゲー博では実際に『ボスラッシュモード』が遊べるプレイアブル展示を行う予定です。既に夏コミなどで買われた方も無料でアップデート版を遊ぶことができますので、ぜひ良ければもう一度触ってみてください。頒布価格は夏コミと同じく1000円の予定です。

どうぞよろしくお願いします。 

2016-11-08_22h48_42
※おまけ。実はゲーム中にゴーグルなしのふたりの姿は一切登場しません。 

夏コミから既に2週間近く経とうとしていますが、先日はCEDECもありました。こちらも毎年参加しているのですが、こちらについてはTwitterなりで沢山レポートしているので、今回はC90で購入、もしくはいただいた同人ゲームの感想について語りたいと思います。

とても長くなると思いますので、読みたいという方だけこの先をお読みください。 

 

 続きを読む

先程C90にて頒布した『Flyers』をVersion1.1へとアップデートしました。
アップデート版は頒布したパッケージについているconcaのシリアルコードを再度入力していただければ入手することができます。

以下、concaのシリアルコード入力&ダウンロードページ。
https://conca.cc/d/

ScreenShot00025
 
Version1.1では意見や要望の多かったボス側に体力ゲージが実装されたり、プレイヤー当たり判定が小さくなったり、ダメージ時にパワーアップアイテムをドロップするなど全体的に遊びやすくなりました。

いくつかの報告されていた不具合も修正されたので、もし不具合で進行ができなかった方は申し訳ありませんが、今一度Version1.1をダウンロードしてみてください。

まだ遊んでいない方はぜひVersion1.1をダウンロードして遊んでいただきたいです。きっと遊びやすくなっているので、Normalだと簡単すぎるという方はぜひHardやManiacモードにも挑戦してみてください。

また現在のバージョンをDLsiteなどのサイトからもダウンロードできるように現在作業を進めています。早ければ数日以内にダウンロード版の販売も可能になると思います。

最終的にはSteamにもだせればなと。 まだ色々と考えていることは多いですが、できる限り実現したいと思っています。まだまだ甘いところも多いですが、自分の同人ゲームデビュー作としては、とても満足しています。

でも次回作も早く作りたい!! 

このページのトップヘ